公共住宅団地再生

 

多世代が居住する緑の地域環境

老朽化する住宅団地の再生を、居住地の時間的変動やライフサイクルに対応した持続性を考え、多様な世代が混住できる新しい都市居住に更新化していく。高齢者が住み続けられ、自立を支える地域ケアシステムをつくる一方で、多様な階層と家族で構成される住環境を目指す。

開発前の原風景を一つの指標とし、菜園や緑化環境を増やし、都市気候の温暖化や乱開発の抑制と市場価値の高い住環境に転換していく。自然環境の維持や循環につながる地域産業を活かす地域環境づくりを意識する。

公共住宅団地再生
公共住宅団地再生公共住宅団地再生公共住宅団地再生公共住宅団地再生公共住宅団地再生
関西地区/2006.01/R&D 委託 /計画案