山や水との豊かな関係

大きな循環の中で、自然の恵みを生かした住空間をつくる。
地域(徳島)の山で育てた樹齢70年以上の葉枯らし乾燥した杉を、伝統構法の技を生かしてしなやかに組む。長寿命で地域の風景を意識する力強い木造架構空間をつくり、自然と豊かな関係性をもたす。

自然乾燥させた杉材は、色つやが美しいだけではなく、本来の耐久性や耐蟻性を持ち、木材から発する香りや成分は、脳や身体をリラック

スさせ、免疫機能を回復させる。木材や土壁・漆喰など自然素材を多用した空間は、空気の清浄化や調湿効果を生み、音響も良く、気持ちのいい空気環境にする。
生活排水は高性能な合併浄化槽できれいにして、周りの環境を潤しながら自然に帰していく。山を活かし、川を保全することにもつなげたい。