住まいから自然へ

肌身の自然から大きな自然へと拡がる世界へ
光、風、緑と、刻一刻と変化する自然の営み。住空間から、自然の変化や生命の悦びを分かち合う環境が育つ風景へ、そして山々や田園、町並みなど地域の風景と関係性をもたす。住まいから住環境、住環境から地域環境へという空間のアプローチである。
もう一つは、住まいから内なる自然へと向かうアプローチで、身体内部
の世界へと拡がる空間を目指したい。大地と繋がる自然素材を生かした空間は、五感を呼び覚まし、身体と同調する。光や風景、空気の流れや質、音の響き、時間に深みをもたらし、暮らしから内なる精神の世界へ導く。